MENU
Toolbox

Toolbox 技術情報

Toolbox for IBM i > V7R1M0

[一括]  [全般]  [通信全般]  [JCA手順]  [全銀ベーシック手順]  [全銀TCP/IP手順]  [プログラム開発/保守]  [文書化支援]  [システム操作/運用]  [統合ファイル・システム]  [ジャーナル機能]  [ドキュメント] 

一括

公開日 Version PTF 機能概要
2018/05/30 V7R1M0 R7S01064

【一括】Toolbox V7R1 PTF 一括ダウンロード

Toolbox for IBM i V7R1 用のPTFを一括ダウンロードできます。
PTF適用時に、すべてまたは個別指定での適用が可能です。
各PTFの説明については、個々のページをご参照ください。

 対象PTF:Q7S01050〜Q7S01064
2016/06/14 V7R1M0 R7S01058

【一括】Toolbox V7R1 PTF 一括ダウンロード

※当PTFは、R7S01064に置き換えられております。ダウンロードはできません。

Toolbox for IBM i V7R1 用のPTFを一括ダウンロードできます。
PTF適用時に、すべてまたは個別指定での適用が可能です。   
各PTFの説明については、個々のページをご参照ください。  

 対象PTF:Q7S01050〜Q7S01058
2015/05/29 V7R1M0 R7S01053

【一括】Toolbox V7R1 PTF 一括ダウンロード

※当PTFは、R7S01058に置き換えられております。ダウンロードはできません。

Toolbox for IBM i V7R1 用のPTFを一括ダウンロードできます。
PTF適用時に、すべてまたは個別指定での適用が可能です。   
各PTFの説明については、個々のページをご参照ください。  

 対象PTF:Q7S01050〜Q7S01053

全般

公開日 Version PTF 機能概要
2019/08/21 V7R1M0 Q7S01067

【機能修正】ライセンス検査方法の修正

ライセンス・キー情報の検査方法を修正いたしました。
この修正によりLive Partition Mobility (LPM)実行時、マシン移行時の製品再導入が不要となり、ライセンス・キーの適用のみで動作するようになりました。

通信全般

公開日 Version PTF 機能概要
2018/05/30 V7R1M0 Q7S01064

【機能修正】TOOLBOXの設定(SETEVXCTL)

特定のPTFが永久適用された状態で置換PTFを適用した場合、PTF適用エラーになる問題に対応しました。
対象のPTFは以下のとおりです。

 Q7S01054 【機能追加】TOOLBOXの設定(SETEVXCTL)
 Q7S01058 【機能追加】TOOLBOXの設定(SETEVXCTL)
 Q7S01060 【機能修正】全銀TCP/IP手順通信のAPIトレース出力機能
2016/06/14 V7R1M0 Q7S01058

【機能追加】TOOLBOXの設定(SETEVXCTL)

※当PTFは、Q7S01064に置き換えられております。ダウンロードはできません。

Toolbox for IBM i V7R1より、通信処理はCCSID (5026) で実行されるよう機能強化しておりましたが、TOOLBOXの設定 (SETEVXCTL) コマンドを使用することで、システム環境にあわせた通信時CCSIDの設定が可能になりました。
このコマンドによる通信時CCSIDの設定変更は、以下の通信機能に対して適用されます。


・JCA手順 端末側/センター側
・全銀ベーシック手順 Aセンター/Bセンター
・全銀TCP/IP手順 Aセンター/Bセンター

2015/11/26 V7R1M0 Q7S01054

【機能追加】TOOLBOXの設定(SETEVXCTL)

※当PTFは、Q7S01058に置き換えられております。ダウンロードはできません。

全銀ベーシック手順

公開日 Version PTF 機能概要
2016/06/14 V7R1M0 Q7S01057

【機能修正】全銀ベーシック Aセンター(CMNZGNACTR)の機能修正

デバッグ機能の設定(SETCMNDBG)の初期設定をおこなう前に全銀ベーシック Aセンター(CMNZGNACTR)を実行した場合、ジョブ・ログにSTRCMNDBGのエラーメッセージが出力される不具合を修正しています。

全銀TCP/IP手順

公開日 Version PTF 機能概要
2019/12/18 V7R1M0 Q7S01068

全銀 TCP/IP Aセンター ポート指定範囲の修正

全銀TCP/IP Aセンターの通信で32767を超過したポート番号を設定した場合、通信エラーが発生する問題に対応しました。
この修正により、指定可能なポート番号は1025から65535までとなりました。
2018/07/31 V7R1M0 Q7S01065

【機能修正】通信トレース出力処理の修正

JCA手順通信 センター側終了(ENDJCACTR)および、全銀Bセンター終了(ENDZGNBCTR)を実行時、特定の条件で通信トレースが出力されない現象に対応いたしました。
2017/12/19 V7R1M0 Q7S01063

【機能修正】全銀 TCP/IP Bセンター終了処理の機能修正

全銀 TCP/IP Bセンター終了処理(ENDZGNTCPB)を使用せず、ENDJOBやIPLによりBセンターを終了させた場合、次回の全銀 TCP/IP Bセンター終了処理(ENDZGNTCPB)の実行時に、別のジョブが終了する可能性があったため、修正しました。
2017/09/27 V7R1M0 Q7S01060

【機能修正】全銀TCP/IP手順通信のAPIトレース出力機能

※当PTFは、Q7S01064に置き換えられております。ダウンロードはできません。

全銀TCP/IP手順通信のAPIトレース出力時、スプール出力レコードの最大数の上限を超えた場合にシステム操作員メッセージ応答待ちになる問題を解消しました。
また、関連機能のヘルプを一部修正しました。

プログラム開発/保守

公開日 Version PTF 機能概要
2015/05/29 V7R1M0 Q7S01051

【機能修正】DSPDBM/WRKDBMコマンドでの画面罫線不具合対応、およびNULL値対応

1.[F9=レイアウト]から[F12=取消し]を実行した際、画面罫線が消えてしまう不具合に対応しております。

2.NULL値を含むレコードの場合、前のレコードが表示されていますが、"+"や"E"に置き換えて表示するよう改善しております。

文書化支援

公開日 Version PTF 機能概要
2017/09/27 V7R1M0 Q7S01062

【機能修正】データベース・サイズの表示(DSPDBFSZ)コマンドの修正

データベース・ファイルのバイト数、現在レコード数、削除レコード数、レコード残容量について、表示可能な最大値を拡張しました。
2016/12/07 V7R1M0 Q7S01059

【機能修正】グループ文書の印刷(DOCGRP)及びプログラム関連情報の印刷(DOCPGMREF)コマンドの機能拡張

グループ文書の印刷(DOCGRP)及びプログラム関連情報の印刷(DOCPGMREF)コマンド実行時の、展開時のライブラリー・リストの指定件数を、25件から250件に拡張致しました。

併せて、展開時のライブラリー・リストに*LIBLを指定した場合に、参照するユーザー・ライブラリーの参照件数も、25件から250件に拡張致しました。

システム操作/運用

公開日 Version PTF 機能概要
2020/08/26 V7R1M0 Q7S01072

漢字変換テーブルの一部追加

以下の漢字コードについて、漢字変換テーブルの追加をしております。

[PTF適用前]

 漢字 EBCDIC JIS   SJIS
 昀  5B97  未登録 未登録

[PTF適用後]

 漢字 EBCDIC JIS   SJIS
 昀  5B97  7A34  EDB2 (登録)
2020/03/18 V7R1M0 Q7S01070

活動記録ログの表示(WRKHSTLOG)コマンドの修正

活動記録ログの表示(WRKHSTLOG)の「追加のメッセージ情報」画面に表示される送信日時と、活動記録ログ(QHST)の送信時刻が、オフセット(協定世界時との時差)分ずれる問題に対応しました。
2018/12/19 V7R1M0 Q7S01066

【機能拡張】「漢字変換テーブルの更新(UPDCNVTBL)」コマンドの追加

漢字変換テーブルを更新するためのコマンド
「漢字変換テーブルの更新(UPDCNVTBL)」を追加致しました。
2017/09/27 V7R1M0 Q7S01061

【機能修正】スプールファイルの処理 (WRKSPLLST)コマンドの修正

スプールファイル数が制限を超えた場合に異常終了する問題を解消しました。
2015/10/15 V7R1M0 Q7S01056

【機能修正】オブジェクト使用状況の表示(DSPOBJSTS)の不具合対応

オブジェクト使用状況の表示(DSPOBJSTS)実行時、状況ファイルに出力される項目「TEXT」に対する修正です。
「TEXT」に出力されるオブジェクトのテキスト記述(最大値50byte)が45byteを超過した場合、超過分が切り捨てられた状態で出力される不具合を修正しています。
2016/06/14 V7R1M0 Q7S01055

【機能修正】活動記録ログ表示(WRKHSTLOG)の不具合対応

QHSTログファイルのレコード数が99,999件を超える(※)場合に正しく画面表示されない不具合を修正しています。

(※)システム値 : QHSTLOGSIZに*DAILYまたは100,000以上の値が指定されている場合にQHSTログファイルのレコード数が99,999件を超える可能性があります。
2015/05/29 V7R1M0 Q7S01053

【機能修正】テープからの復元(RSTFRPTAP)実行時エラー対応

テープからの復元(RSTFRMTAP)で、パラメータで指定したテープ装置がエラーの場合、コマンドが異常終了していましたので、修正しております。
2015/05/29 V7R1M0 Q7S01052

【機能修正】漢字変換テーブルの一部追加/修正

以下の漢字コードについて、漢字変換テーブルの追加/修正をしております。

[PTF適用前]
 漢字 EBCDIC JIS   SJIS
 凜  6884  未登録 未登録
 熙  4F68  5F66  E086 
 煕  6885  未登録 未登録
 昻  4F9F  3937  8D56 
 昂  5B99  未登録 未登録

[PTF適用後]
 漢字 EBCDIC JIS   SJIS
 凜  6884  7425  EAA3(登録)
 熙  4F68  7426  EAA4(変更)
 煕  6885  5F66  E086(登録)
 昻  4F9F  9452  FAD0(変更)
 昂  5B99  3937  8D56(登録)
2015/05/29 V7R1M0 Q7S01050

【機能修正】オプション・ファイルQAUOOPTのメンバー名不具合対応

オプション・ファイルQEVX/QAUOOPTのメンバー名に誤りがありましたので、修正しております。
 
導入時メンバー名  :QAUOOPTS  
PTF適用後メンバー名:QAUOOPT

統合ファイル・システム

公開日 Version PTF 機能概要
2020/06/24 V7R1M0 Q7S01071

ディレクトリー階層表示及びディレクトリー階層印刷コマンドの修正

1.ディレクトリー階層表示及びディレクトリー階層印刷コマンドで「共有設定」が画面及び帳票に反映されない(= 印は共有有り)問題に対応しました。
また「ファイル共有名の一覧」画面に共有名の一覧が表示されない問題に対応しました。
この現象はIBMi OSのバージョンがV7R4以降の場合に発生します。

2.ログインユーザーの特殊権限に*ALLIBJがない時、実行時にエラーにな問題を解決しました。

ジャーナル機能

公開日 Version PTF 機能概要
2020/01/22 V7R1M0 Q7S01069

ジャーナルデータ表示(DSPJRNDTA)コマンドの修正

1.ジョブの日付の形式(DATFMT)が*DMYまたは*MDYの場合、入力した日付がエラーになる問題に対応しました。
2.終了日付を指定し終了時刻を指定しなかった場合、入力した終了日付の前日の最終時刻までが出力対象となる問題に対応しました。

ドキュメント

公開日 Version PTF 機能概要
2016/06/14 V7R1M0 Q7D01006

全銀TCP手順システム構成手順書(イーサネットの場合)

全銀TCP手順システム構成手順書(イーサネットの場合)
・照会処理、再送の方法(P.19)を訂正しましたので、再掲載します。
2016/06/14 V7R1M0 Q7D01005

全銀TCP手順システム構成手順書(ターミナルアダプタの場合)

全銀TCP手順システム構成手順書(ターミナルアダプタの場合)
・照会処理、再送の方法(P.27)を訂正しましたので、再掲載します。
2016/06/14 V7R1M0 Q7D01004

全銀TCP手順システム構成手順書(モデムの場合)

全銀TCP手順システム構成手順書(モデムの場合)
・照会処理、再送の方法(P.27)を訂正しましたので、再掲載します。
2015/08/28 V7R1M0 Q7D01003

全銀TCP手順システム構成手順書(イーサネットの場合)

※当文書は、Q7D01006に置き換えられております。ダウンロードはできません。
2015/08/28 V7R1M0 Q7D01002

全銀TCP手順システム構成手順書(ターミナルアダプタの場合)

※当文書は、Q7D01005に置き換えられております。ダウンロードはできません。
2015/08/28 V7R1M0 Q7D01001

全銀TCP手順システム構成手順書(モデムの場合)

※当文書は、Q7D01004に置き換えられております。ダウンロードはできません。